'02 HONDA NSR500 West & Fortuna & Pramac

STUDIO27のトランスキットを使用した’02Fortunaと’02PramacのNSR500です。
STUDIO27の’02RC211V用と’01NSR500用のWestデカールと同社の’02Fortunaのトランスキットを使った’02WestのNSR500です。
エンジンはエアボックス部分をカットしました。
エンジンに合わせてメタルフレームを手で曲げて修正します。
人差し指でさしているビス止めする部分のエンジン側を1ミリくらいカットした方が良いようです。
チャンバー出口の位置が合っていませんね。
火であぶって曲げて修正しました。
鉛筆で書いてある部分が干渉してしまうので削ります。
ここはかなり削りますので、電動リューターがないと大変です。
カウル類を整形しています。
シートストッパーがメタルパーツなので接着後にずれ落ちたりしないように真鍮線で支えをつけようとピンバイスで穴を開けました。 奥に見えるのはメタルのフレーム関係です。 磨いてプライマーを吹いて、塗装はなしで行こうと思っています。
瞬間接着剤で接着後、アンダーカウルの形状がイマイチ斜めになっているようで、エッチングパーツが上手くはまりませんでした。 この為、彫刻刀などを使ってエッチングパーツが上手く付くように修正しました。
塗装しました。 缶スプレーが終わり間近だったので上手くコントロールできずにちょっとたれ気味。 この後エアブラシで白のボカシ塗装予定。 果たして上手くいくか、、、
エアブラシは難しいですね。
マスキングを剥がしたらほとんどボカシになっていません。
でもあっさり妥協してこのまま組んじゃいます。
組み立て中です。
エッチングパーツはピンセットペンチを使って曲げます。
接着にはGクリアーを使い、エナメル溶剤で薄めたものを筆で塗っています。 乾燥は遅いですが乾くと透明になるし、接着力も結構あるのでGクリアーは重宝しています。
もうちょっとで完成です。
フロントフォーク部分はフロントカウルに通した状態で組み上げた上で、フロントカウルを取り付けます。
シートカウルは乗せてあるだけですが、マフラーにぴったりはまったせいか接着しなくても問題ないようです。
完成しました。
手前に転がっているパーツはフロントカウルを取り付ける際に邪魔になってはずしたものです。 あとメーターも上手く付きませんでしたが、無理やり取り付けてあります。
いかに私が借り組をしないかがお分かりかと思います。

戻る  トップへ戻る