'75 HESKETH 308B #24

2014/10/19
1975年のオランダGPでジェームス・ハントが初優勝した時のマシン、ヘスケス308Bを作ります。 チェッカードフラッグというブラジルのメーカーの最初のモデルです。
2014/10/19
DFVなので、いつも通りE.JANのパーツも使います。
2014/10/25
エンジンとミッションは、タミヤのプラパーツがそのままキットについています。 が、エンジンとミッションの間のパーツは使わず直接つなげるため、真鍮線で接続タブを作りました。
2014/10/25
ミッションには、ホワイトメタルのサスやリアウイングなどが付きますので、ここはガッチリ接着しないといけません。
2014/10/25
リアのロアアームが寸足らずです。 さすがブラジル製キット、手がかかります。
2014/10/29
プラバンと真鍮線で作ってみました。
2014/10/29
リアサス組んでみました。 まぁ、何とかなったかな。
2014/10/30
エッチングは真鍮色してますが、かなり汚れてます。 この手のエッチングは海外製キットに多い気がします。
2014/10/30
1000番のペーパーをかけてみました。 綺麗になりましたが、指が見たことない色になりました。
2014/11/02
エンジン〜リアサス関係を組んでみました。 マフラーは説明書と逆に付けてます。 説明書のイラスト通りにつけるとマフラーが外に向いちゃうので。 ヘスケスのエンジン回りの画像が見つからないので、合っているかどうかは分かりません。
2014/11/02
エンジンのカムカバーはメタル製が付いていますが、カムカバーはカウルに出さずにボデイに直接接合するので、右側に出ている突起は切り落とします。
2014/11/02
エンジンに付けるホワイトメタルのパーツ(ラジエターホース?)は、左側がエンジンに届かないので、プラ棒で延長してます。
2014/11/02
ホワイトメタルのホイールから車軸が出ていますが、これも寸足らずです。 真鍮線で延長が必要ですね。
2014/11/03
リアに付くオイルクーラー?ですが、そこから出ているホースの口は切飛ばし、T2MのT字バンジョーを使います。 ちなみに接合しているエッチングパーツですが、かなり硬くて綺麗に曲げるの大変です。
2014/11/03
ウイングステーのパーツの組み上げがなかなか難しいです。 ホワイトメタルの支柱のパーツは使えなそうなので、1mmの真鍮パイプと0.5mmの真鍮線で作り直しました。 ステー間の間は8mmに合わせていますが、間に入るホワイトメタルのパーツ(オイルキャッチタンク?)10mmはあるので、8mmに合わせて削るの大変でした。
2014/11/03
何とか形になったかな。 ミッションへの固定は1.2mmの真鍮線を通すようにしますが、ミッション側のパーツも8mmに合わせて削ってます。
2014/11/04
ようやくボディに着手します。 まずは400番のペーパーを一皮むくつもりで全体にかけます。 形状は問題ないのですが、細かい気泡が結構あるようで、ポリパテ盛りまくります。
2014/11/05
さらに400番のペーパーで整形し、1000番のペーパーをかけました。 エアダクトは上下2分割になっていたので、真鍮線を入れて接着し、隙間をパテで埋めて整形しました。
2014/11/06
タミヤの白サフ→ピュアホワイトを吹いてデカールを貼りました。 あまり伸びない感じがしたので、ラインのデカール貼るのはちょっと慎重になりました。
2014/11/08
バルケッタのタイヤサンダーでタイヤのパーティングラインを消します。 というか一皮むきます。 これはもう必需品ですね、超簡単に消せます。 タイヤはちょっと凹んでたりするのですが、直しようがないので、そこは下に向くように付けるとか考えないとな。
2014/11/08
リアセクションが組み上がりました。 スタビライザーの付け方が説明書を見ても良く分からず、いろいろ曲げながら付けました。 合ってるかどうかは分かりません。 指示通りに塗ってるけど、オイルクーラー?は色変えた方が良かったかな。
2014/11/08
サスペンションなんか、指示通りのところに届かず、届くところに穴開けて付けました。 しかしE.JANのパーツでずいぶん締まるね。
2014/11/09
もう日付が変わりましたが、クリアーコートして600番→1000番のペーパーで中研ぎして薄めのクリアーを吹き、タミヤのコンパウンドを粗め→細目とかけました。 デカールの質が心配で余白をカットせずに使いましたが、その部分がシルバリング出まくりになりました。 コクピットはボディにすんなり入らなかったのでいろいろ曲げました。
2014/11/09
リアセクションをボデイに接着しました。 リアサスからボディに伸びるリンクが4本ありますが、キット付属のホワイトメタルのパーツは1.6mmのプラ棒に置き換えてます。 ボディ側のどこにつけるのか全く分からないのでカンで付けてます。 エンジンとボディを真鍮線でつなぎ、エポキシボンドで接着しています。
2014/11/09
フロントサスも、特徴的なラバースプリングとかスタビライザーとかどう付ければいいか全く分からないので、カンで付けてます。 ボディ上に出ているダンパーを受けるパーツは3枚のエッチングの貼り合わせで、真ん中のエッチングにダンパーを刺せるようになっているのですが、エッチング1枚分なので、ダンパーを軸をエッチングベンダーでつぶして刺してます。
2014/11/09
ホビーフォーラム開場1時間前ですが、何とか形になったので、フロントウイングついてないけどこれで行きます。
2014/11/13
フロントウイング他、細かいパーツ追加して完成しました。

戻る  トップへ戻る