DUCATI 1199 PANIGALE S

2015/02/13
次はスケモフェア用にタミヤのパニガーレを、説明書通りのイタリアンレッドとマットブラックで2台作ります。
2015/02/14
パーツをカットし整形します。 カウルの貼り合わせはタンクとフロントフェンダーだけですね。 合わせ目にはタミヤの白パテを盛っておきます。
2015/02/14
パーツ数多いですね。 塗装が大変です。
2015/02/16
カウルは400番で整形後、1000番のペーパーを全体にかけて洗浄し塗装に入ります。 赤は、タミヤの白サフ→ファンデーションピンク→タミヤのイタリアンレッド、黒はタミヤのグレイサフ→ピュアブラックでカウルを塗装します。 フロントフェンダーはどちらも黒、というかカーボンですが、画像では赤に塗っちゃってますね。
2015/02/20
赤は上からタミヤの缶クリアーを2回吹いて、タミヤのコンパウンド(細目)で磨きました。 が、面構成が複雑でかつエッジが立っているところが多いので、ところどころ下地が出ちゃいました。 タッチアップしないとね。
2015/02/20
黒はタミヤのフラットクリアーを吹きましたが、かなり強い艶消しになってしまいました。 前に使ったときはこんなにならなかったんだけどな。
2015/02/21
組み立て始めてます。 パーツが多くて思ったより進みが遅いですが、ストレスなくかちっと組み上がります。
2015/02/21
混色の指定が多いのが面倒だね。
2015/02/22
この日は完成するかと思っていましたが、全然。 原因はホイールの赤いライン。 デカール貼るのが大変でした。 さすがに2台分はキツイ。 しかし別売りのフロントフォークセットはとても良いね。
2015/02/23
カウル被せるのが勿体ないくらいの再現度ですね。 フロントフェンダーにはスタジオ27のカーボンデカールを貼りこんで、トップコート2回吹いて仕上げてます。
2015/02/23
カウル被せるのはまるでパズルです。 よくこんな複雑なはめ合わせを設計できますよね。
2015/02/23
完成しました。 マットブラックは、タミヤのワックスかけたら随分落ち着いた艶消しになしました。

戻る  トップへ戻る