BMW Z4 GT3 Barwell Motorsport "Team Russia" #78
Silverstone ELMS 2014

2015/10/03
次もフジミのBMW Z4GT3を作ります。 今回はスタジオ27製のデカールを使って、2014年のELMSに参戦したチームロシアのマシンにしてみます。
2015/10/11
ネットでチームのホームページを見つけいろいろ情報収集しています。 ブレーキキャリパーはゴールドとか、シートベルトは青のLUKEとか。 その中で、ボディカラーも、ベースの黒とボンネットダクト&サイドシル部分の黒と、フロントノーズ部分の黒が色が違うこと、ベースの黒は艶消しに見えることを確認し、3色に塗り分けることを決定。 色を決めて試し吹きしました。
2015/10/11
ダクトはいつも通り接着し目立つ所だけパテで整形、ボンネットピンやウイングが刺さるところなど、穴を拡大しパーツがすんなり入るように加工しておきます。 細かなバリもきっちりチェックし、スジボリも0.3mmのBMCタガネで一通り深掘りしておきます。
2015/10/19
ボディパーツの成形、塗装の合間にその他のパーツも塗装しておきます。 ホイールにはさかつうのエアバルブを追加したうえで塗装。 しかし室内のパーツを白くするのが面倒です。 その中でも黒の部分は別パーツにしてくれればいいのに。
2015/10/20
ボディは頑張って塗り分けました。 ベースはフィニッシャーズのカーボンブラックマット、ボンネットダクトとサイドシル部分はピュアブラック、ノーズ部分はライトガンメタルを使いましたが、ノース部分はもっと黒に近い印象だったので、黒ベースにガンメタをちょっと混ぜるくらいでよかったかも。
2015/10/22
デカール貼り始めました。 まずは屋根からだけど、このシワシワ具合を綺麗に貼り伸ばすのはなかなか大変だ。 マークセッターを塗って水を付けた指でなでるように伸ばします。 伸ばすのは指が一番です。
2015/10/25
あーこのデカールは大変です。 マークセッター、指、筆、ドライヤーを駆使してなんとか貼ってます。 前後フェンダーのデカールも大変でしたが、フロントバンパーのデカールはこの状態からではとても綺麗に貼れるとは思えない。 そもそもこれを平面1枚のデカールで貼るのが間違ってる気がする。 もっと曲面に貼ることを考えて欲しい。
2015/10/25
何とか貼れました。 クロームのラインデカールはクリアーコートして磨ぎ出した後に貼ります。 フロントフェンダーの上とか、とても合いそうにない気がしますがね。
2015/10/31
濃いめのクリアーを慎重に塗り重ね、600番のペーパーでデカールの段差を削ります。
2015/10/31
1000番→1500番→2000番とスポンジペーパーをかけました。
2015/10/31
フィニッシャーズのスーパーグロスコートでコートします。
2015/11/01
バフレックスをかけて、タミヤのコンパウンド粗め→細目→仕上げ目とかけました。
2015/11/01
カーボンブラックとライトガンメタで塗り分けた部分は艶消しに見えるので、さらにデカール部分などをマスキングして、フィニッシャーズのスーパーフラットコートを吹きました。
2015/11/01
その後、クロームデカールを貼りました。 クロームデカールを綺麗に貼るのは難しいね。 艶消しの上に貼ったからかな。
2015/11/04
組み上げてます。 室内はこんな感じ。 シートベルトは青のLUKEなのですが、LUKEのデカールが無いのが残念。
2015/11/05
完成しました。 相変わらず、アンテナとヘッドライトにはさかつうのパーツを使ってます。

戻る  トップへ戻る