'14 BMW Z4 GT3 Marc VDS Racing #66/#77 Spa 24h

2015/11/29
次もフジミのBMW Z4GT3を作ります。 今回はレーシング43製のデカールを使って、2014年のスパ24時間に参戦したVDSレーシングのマシンにしてみます。
2015/11/30
2台で参戦していたので、番号違いで2台作ります。 まずは接着、パテ埋め、整形、スジボリ、穴拡大などの作業を行います。 ここが一番重要なので、しっかり時間をかけて行います。
2015/12/13
タミヤの白サフを吹きます。 その後、白を吹いてクリアーをかけます。
2015/12/14
ネットで見つけた作例では、白デカールが結構透けていたので、グレーで塗装する前に白デカールを先貼りし、クリアーでコートしてからマスキングしてグレーを塗装しようと思います。 が、そこまでやったあとマスキング用にデカールをコピーしておくのを忘れたことに気付き、モチベーションがダウンしてしまいます。
2016/04/11
タミヤの曲線用マスキングテープを多用してマスキングし、クレオスのエアクラフトグレーを吹きました。 実車はグレーらしいのですが、ほとんどの実車写真はどう見てもシルバーに見えます。 でも一応グレーっぽい写真も見つけたので、一番明るいと思われるグレーを使ってみました。
2016/04/17
塗り分け後、クリアーをサーっと吹いてから残りのデカールを貼りました。 遠目から見るとグレーもそれっぽいかな。 リアフェンダーのライオン?マークは塗り分けラインが透けてるけど、これはしょうがないかな。
2016/04/24
ミラー用のデカールが付いてますが、塗った方が楽なので塗装します。 黄色にはタミヤのクロームイエロー、緑にはフィニッシャーズのライムグリーンを使いました。 デカールと色が合うと良いのだけど。
2016/04/24
ボディはクリアーを薄く2回、時間を開けてサーっと2回、さらに時間を開けて多めに2回、締めにたっぷり1回と吹き重ねました。 結構ホコリ噛んじゃったな。
2016/04/26
1000番のペーパーをざっとかけると、画像のようにデカールの段差が浮かび上がります。 ここを中心に600番のペーパーでこの段差がなくなるように削っていきます。 この作業に使うには600番は結構粗いので、下地を出さないよう慎重に進めます。
2016/04/29
このように段差をが見えなくなるまで削ります。 でもあんまり神経質にならずに、ちょっと危なそうだったら多少の段差はあきらめてしまった方が良いです。 で、再度全体に1000番のスポンジペーパーをかけてさらに1500番、2000番とかけた上で洗浄し、フィニッシャーズのスーパーグロスコードを吹きます。
2016/05/06
フィニッシャーズのスーパーグロスコードを吹いて、バフレックス→タミヤのコンパウンド粗め→細目→仕上げ目とかけました。
2016/05/07
派手にマスキングして窓枠を塗装します。タミヤの曲線用マスキングテープは手放せませんね。
2016/05/10
車体を組み始めてますが、ホイールに貼るラインデカールがスゲー大変です。
2016/05/12
シートベルトにはスタジオ27のパーツを使ってます。 色は下が赤、上が黒のサベルト。 これはVDSレーシングのフェイスブックにある大量の画像の中から、数えるほどの室内の写真で確認しました。
2016/05/13
室内を作って、ホイールのラインデカールも何とか貼りました。 ホビーフォーラムで並べて気付きましたが、簡単に貼れた記憶のあるIceWatchのZ4とホイールが違っています。 あれは2013のキットを使いましたが、リムのサイド部分が平らになっていて、こっちは斜めに角度が付いてます。
2016/05/14
もう日付変わってホビーショウ当日ですが、何とか完成しました。 ワイパーにはグッドスマイルの黒いワイパーセットを使いました。 写ってませんが、ミラーにはハセガワのミラーフィニッシュを貼りました。 これまでメタルックを貼ってましたが、全然仕上がりが違いますね。

戻る  トップへ戻る