'13 BMW Z4 GT3 Barwell Motorsport "Ecurie Ecosse" #79 ELMS

2016/11/28
つづいて、BLACKBULLカラー2013年のBMW Z4GT3を作ります。
2016/11/29
いつも通りダクトや左右フェンダーを慎重に合わせて接着し、ダクトの接着ラインにタミヤの白パテを盛り、パーティングラインは400番のペーパーで消します。 また、ボンネットセンターのストラップはボディ同色かつデカールが乗りそうなので、この段階で接着しておきます。
2016/11/30
ダクトのパテを400番のペーパーで整形し、タミヤの白サフを吹き重ねて1000番のスポンジペーパーでラインが残らないように整えます。 また、リアウイングを固定する穴や前回最後に失敗したボディのストラップの穴を拡大しておきます。 その後、ボディのスジボリを0.3mmのタガネで掘っておき、全体に1000番のスポンジペーパーをかけておきます。
2016/12/01
ボディを中性洗剤で洗浄し、タミヤの白サフ→フィニッシャーズのホワイトを吹きました。
2016/12/02
フェンダーの前後部分は綺麗にデカールを貼れそうにないので、派手にマスキングして塗り分けます。 あと、Aピラーの黒部分はつやありなので、こっちも先に塗装しておきます。
2016/12/03
屋根のデカールは相変わらず伸ばして貼る必要があります。 青の部分は結構固く割れやすいですが、マークソフターには強いので、ソフターをたっぷり塗って、両手の親指に水を付けて白い×部分に沿ってCピラーに向けてデカールをなでるように伸ばします。
2016/12/03
あー何これ、全然サイズが合わない。 何とか切り貼りして合わせます。
2016/12/04
何とか貼り終えました。 クリップについてるのはミラーです。 ミラーも青なのに青デカールは付いてません。 こんな色塗装じゃ出せそうにないので、デカールをもう1枚買って青部分を切り貼りしました。
2016/12/08
フィニッシャーズのオートクリアーでたっぷりコートし、1000番のペーパーをかけて浮き出た段差を600番のペーパーで消し、1000番→1500番→2000番→3000番とタミヤのスポンジペーパーをかけました。
2016/12/11
洗浄後、フィニッシャーズのスーパーグロスコートでコートし、バフレックスをかけてから、タミヤのコンパウンド粗め→細目→仕上げ目と磨ぎ出ししました。
2016/12/11
屋根のデカールにホコリを噛んでいたのか、磨いだらちょっとだけ下地が出てしまって、デカールを細かく刻んで貼ってもいまいちだったので、フィニッシャーズのTECH21カラー用ジェネシスブルーを吹いてみましたが、やっぱりこの色には合いませんね。 まぁこれであきらめますけど。
2016/12/12
派手にマスキングして窓枠を塗装しました。
2016/12/12
こちらも派手にマスキングしてダクト部分を塗装しました。
2016/12/12
ようやっとボディ塗装完成。
2016/12/15
完成してしまえばほとんど気にならないけど、バスタブの室内とウインドイパーツの間に隙間が出来ることがあるので、ボディ内側はこのくらい黒を塗っておいた方が良いかと。
2016/12/17
室内完成しました。 シートベルトは実車画像からシュロスの青を使ってます。
2016/12/18
いっきに完成。 ボディはタミヤのワックスをかけて、細かいパーツは流し込み接着剤やクリアーボンドで付けています。 ミラーにはハセガワのミラーフィニッシュを貼りこんでます。

戻る  トップへ戻る