AMG GT3 FIA GT World Cup Macau 2016 #1/#2 AMG DRIVING ACADEMY

2018/06/12
ワンワン屋さんで入手したSKデカールさんのデカールを使って、FIA GT マカオに参加したAMGドライビングアカデミーAMG GT3を作ります。 緑にはタミヤのキャンディライムグリーンを使います。
2019/06/15
ボディはパーツを接着してパーティングラインを400番のペーパーで削り取り、0.3mmと0.15mmのタガネでしっかりエッジが出るようにスジボリを掘ります。 前後のバンパーは接着後、パーツどうしの段差が残らないよう、400番のペーパーで削ります。 画像の左側の光っている部分が段差で、右側は段差を削ったあとです。
2019/06/16
段差を削り取ると画像のようになります。
2019/06/16
このキットの鬼門のリアフェンダー上ダクト。 まずタミヤのセメントで接着します。
2019/06/16
で、400番のペーパーで段差が残らないようにがっつり削ります。
2019/06/17
接着ラインが残っている部分に、薄く光硬化パテを塗ります。
2019/06/17
さらに400番のペーパーで削ります。
2019/06/19
サフを吹いて、1000番のスポンジペーパーを軽くかけると、接着ラインが分からなくなります。
2019/06/23
ボディの加工が終わったら、全体に1000番のスポンジペーパーをかけて、サフ→ブラック→キャンディライムグリーンと吹き重ねました。 ちょっとグリーンが明るいかな。
2019/07/08
派手にマスキングして、カーボンデカールを貼る部分にセミグロスブラックを吹きました。
2019/07/15
デカールを貼りました。 カルトとは書いてないけど、カルトっぽくてすごく貼りやすく、簡単に貼れます。 かなり薄くて簡単に割れるので、曲げたり折ったりしないよう注意が必要ですね。
2019/07/19
クリアーコートしましたが、うっすらダクトのパーツのラインが出てますよね。 何でこうなるの?
2019/07/21
デカールの段差を600番のペーパーで消し、全体にスポンジペーパーを1000番→1500番→2000番とかけました。ダクトのラインは目立たなくなったな。
2019/07/21
中性洗剤で洗浄後、スーパーフラットコートを吹きました。 写真じゃペーパーがけ後と変わってないですね。
2019/07/23
今回、ライトにはSKデカールのスプリント用ライトパーツを使いますが、クリアーパーツと全然合わず、かなり削りました。 あと、レンズ部分はさかつうのライトレンズ2.5mmに変えています。 塗装はシルバーを吹いた後、実車画像を見ながらエナメルブラックで筆塗りです。
2019/07/23
ライトをつけるとこんな感じ。 前にLEONを作ったときは実車画像をよく見ずシルバー1色で塗ってましたが、全然印象が変わりますね。
2019/07/24
組み立てはこれと言ってポイントはなく、あっさり完成です。

戻る  トップへ戻る