CADILLAC LMP 12H SEBRING 2000
TEAM DAMS

2005/08/09
BBR製1/43のキャディラックLMPです。
セブリング12時間に参戦したサテライトチーム、DAMSの黒いキャデラックです。 セブリングに参戦したものを買う気は無かったのですが、これも青山メイクアップのセールでプラモ並みの価格だったので、つい買っちゃいました。
2005/08/09
仮組しました。 車軸は前回同様前後とも40mmにカットしました。 800〜1000番のスポンジペーパーをかけてあります。 一度作っているので問題なくサクサク進みます。
2005/08/10
サフを吹きました。 相変わらず缶スプレーでやってます。
2005/08/11
フィニッシャーズのピュアブラックを吹いた後、濃度1:1のオートクリアーを3回ほど吹いています。
2005/08/12
デカールを貼りました。
2005/08/15
濃度1:1のオートクリアーで砂吹き5回、通常吹き3回とクリアーコートし、その後1200〜1500番のスポンジペーパーで中研ぎしてみました。 前回磨ぎ出しが大変だったから、これで少しは楽になるかな?
2005/08/16
濃度1:3のオートクリアーを2回ほど吹きました。 画像では分かりませんが、これまでよりだいぶ梨地状な部分が少なくなりましたが、スポンジペーパーでの中研ぎが不十分だったのか、段差がちょっと残ってます。
2005/08/25
磨ぎ出しが完了しました。 前回よりは楽でしたがやはり段差が取りきれていません。 良く考えたらクリアーコート時に何も考えず全面吹きをしていました。 デカールの乗ってない部分にクリアーを厚めに吹かないと段差がそのまま残ってしまいますよね。 次回はそれを行った上で中研ぎをしてみようと思います。 そうすればもっと綺麗に出来るかな。
しかし全面カーボンデカールを貼ったリアウイングは、クリアーコートして磨いだらただの黒になってしまった。 なぜ?
2005/08/27
組み立ててます。 前回もそうでしたが、ホイールのディスク部品は前後で直径が違います。 説明書には全くないてないですが、小さい方はリムの中にディスクが納まります。 大きい方はリムの端の段差にディスクがはまるサイズになってます。 これはリムの深さを表現しているものと解釈し、小さい方をリアに使いました。
2005/08/27
完成しました。 スクリーンは曲線はさみでカットして貼ったのですが、もともと歪んでたというのもありますが汚い仕上がりになってしまいました。 残念。

戻る  トップへ戻る