'05 D'Antin DUCATI desmosedici GP4

2006/01/11
ルネッサンスのデカールを入手したので、’05ダンティーンのDUCATIを作ります。 車体はキットのままのデカール貼り換えですがね。 このデカールは2バージョン+テスト用が再現できるようですが、さすがにテスト用は作らず2バージョンで行きます。 タミヤからも出るらしいですが本当でしょうか?
2006/01/12
スプレー塗装するパーツを全て切り出しました。 エンジンはある程度組んでから塗装します。 ワークスの製作の合間に塗装しようと思います。 カウルは塗り分けなので缶スプレーではなくエアブラシを使おうと思います。
2006/01/27
カウルは合わせ目をパテ埋め後400番のペーパーで整形し、パーツ全体に1000番のペーパーをかけました。
2006/01/28
タミヤの缶サフをスプレー後、フィニッシャーズのファンデーションピンクを2回吹きました。
2006/02/03
フィニッシャーズのブライトレッドを吹いた後マスキングし、フィニッシャーズのピュアブラックを吹きました。 マスキングは適当ですので、後でデカールが合わないかも?
2006/02/07
タミヤのクリアーを2回缶吹きしてコンパウンドかけました。 フィニッシャーズのブライトレッドはタミヤのと同じ色と聞いていましたが、少し濃いように思います。
2006/02/08
中性洗剤で洗浄し、デカールを貼りはじめました。 dantin-pramac.com の実車画像を見ながら貼っていますが、ゼッケンがだいぶ小さい気がします。 ゼッケンのメタルシートも付属していましたが、スパイダーマンのとき綺麗に貼れなかったので、今回はやめておきます。
2006/02/12
デカールを貼り終えました。 多少切った貼ったしましたが、思ったよりは楽に貼れました。 このデカールはカルトほどではないですが結構伸びて貼りやすいです。 それと白のラインデカールが全く透けません。
2006/02/12
フレームに組むとこんな感じです。 しかしフレームに仕込むナットがフレームの中でクルクル回ってしまい、瞬着を流し込んだらナットの山が埋まったのかビスがあまり入らなくなってしまいました。 フレームに仕込む時点でエポキシかクリアーボンドで固定しておくべきですが、タミヤにも回らないように六角にするとかピンを付けるとか考えて欲しいですね。 あとやっぱりドライバーで塗膜をちょっと削ってしまいました。 これも何とかならんかな?
2006/02/17
組み立ててますが、ペースが遅いです。
19日のWFに間に合うか?
2006/02/18
完成しました。
結局キャリパーはブレンボの凹モールドを埋めて、ニッシンのデカールを貼りました。 ステア周りとか多分ダンティンは塗装の指示が違う所があると思うけど、気にせず塗っちゃいました。

戻る  トップへ戻る