FERRARI 550 MARANELLO
24H LE MANS 2005 TEAM CIRTEK MOTORSPORT

2006/06/21
今年初、久しぶりのBBR製1/43のフェラーリ550のGTカーです。
赤くないフェラーリです。 ワンワン屋さんで購入しました。 最近BBRのキットは販売数が少なくなったのか、あまり国内に入ってこなくなっているようです。 リリース情報は細かくチェックしてないといけませんね。
2006/06/24
最新のキットということですが、細かい所がちょこちょこと変化しており、まだまだキットとして進化しているようです。 が、サイドのロールケージはなぜか右の分が2つあり左の分はありません。 もしやと思い同時期に買った最新キットを調べたところ、もう一つ同じように左がなくて右が2個というものがありました。 ジャンクパーツにもサイドのロールケージはないので、1個を曲げ+切り張りして左の分を作ります。
2006/06/24
ロールケージも何とかなって仮組しました。 車軸はこのキットから丸棒ではなく角棒になってて、その意味は良く分かりませんが長さはピッタリのようです。 車高は前2.5mm、後4mmのスペーサーを入れてありますが、ちょっと微妙かな。
2006/06/27
ボディに400番→1000番とペーパーをかけて洗浄後、タミヤの缶サフをスプレーし、フィニッシャーズのファンデーションブルーを吹きました。
2006/06/28
タミヤのTS−15ブルーを、ストローを使ってタミヤのスペアボトルに出して、タミヤのラッカーシンナーでちょっと薄めてエアブラシで吹きました。
2006/06/30
ボディ塗装の合間に、エッチングパーツなど、残りの部品を塗装しました。 大半が黒ですね。 室内やロールケージのチタン色にはフィニッシャーズのライトガンメタルを使いました。
2006/07/01
フィニッシャーズのオートクリアーを厚めに3回程度吹いて、軽く磨ぎ出ししました。
2006/07/01
中性洗剤で洗浄後、勢いに乗ってデカールも貼りました。 説明書の写真では余ってしまうデカールがあったので、オートモデリズム誌の実車写真を見ながら貼りました。 が、なぜか屋根にあるはずの腕時計のマークが入っていません。 ちょっとショックですが、このまま作ります。
2006/07/04
クリアーコートして、磨ぎ出しを始めました。
フィニッシャーズのオートクリアーを、砂吹き5回、厚めに3回、薄めに2回の計10回、1時間おきに吹きました。 その後1日おいて1500番のペーパーをかけ始めたところです。
2006/07/07
1500番→2000番とペーパーをかけてから、タミヤのコンパウンド粗め→細目→仕上げ目とかけました。
2006/07/08
組み立て始めてます。 ブレーキがすげーリアルですが、ホイールに入れると良く分からなくなります。
2006/07/09
マスキングしてアンダー部をタミヤのフラットブラック(エナメル)で塗装しました。 マスキングテープをはがすと、微妙にテープのあとが塗装面についてしまいましたが、しばらくほっとくと自然に消えてました。 なんで?
2006/07/09
ウインドウそのものにはタミヤのワックスをかけて指の跡を着きにくくして、ロックタイト460で接着しました。 綺麗に出来るようになったじゃん、と思いつつウインドウについた指の跡をふき取っていたら、いつのまにやら右Aピラーに瞬着のあとが、、、ふきながら広げてしまったようです。 油断した。
2006/07/09
久しぶりに完成しました。 やっぱ43は楽しいな。

戻る  トップへ戻る