'05 YAMAHA YZR-M1 U.S. Inter-coloring edition

2006/06/26
ネクストジェネレーションさんから届いたばかりの最新キット、YZR−M1のUSインターカラーです。 もちろんグレードアップパーツも使います。
2006/06/26
スプレー塗装するパーツを切り出し、接着が必要なパーツは接着しておきました。 エンジン、ラジエターは組んだ状態で塗装しちゃいます。
2006/06/28
接着部分にタミヤのプラパテを盛りました。 タンクの分割方法とか、デスモもそうだったけど組みやすさを考えていますよね。
2006/07/04
タミヤの缶サフを缶吹きして、フィニッシャーズのファンデーションイエローを吹きました。 上塗りのTS−47クロームイエローは、画像のようにストローをつけて直接スペアーボトルに出し、タミヤのラッカーシンナーを塗料2.5〜3に対しシンナー1.5〜1位の割合で入れて少し薄めておきます。
2006/07/05
クロームイエローをエアブラシで吹きました。 イエローは色が乗りにくいので、ニードルを絞って薄く細かくチマチマと全体に色を乗せ、その後ニードルを開けて濃い目にドバッと2回吹きました。
2006/08/03
タミヤのクリアーを2回缶吹きし、コンパウンド(細目)をかけてからデカールを貼りました。 アッパー、サイド、アンダーカウルは結構簡単に貼れるんですが、シートカウルやタンク等にちょっとかかる部分が面倒ですね。
2006/08/18
カウルにはトップコートをひと吹きして、組み立て始めました。
シートカウルやダンパーの固定など、締めにくいビスが何ヶ所かあったのが気になりましたが、さすがの精度です。
楽勝だと思っていましたが、ワンフェスに間に合うのだろうか?
2006/08/19
完成しました。
タンクのキャップがちょっときつかったのでギュっと押し込んだら、周りの黄色い塗膜がちょっと浮いちゃいました。 その後、アッパーカウルのはめ込みもちょっときつかったのですが、こちらは素直に2mmのピンバイスで穴を広げて入れました。 このように何ヶ所かはめ込みがきついところがありますが、無理をしない方が無難です。

戻る  トップへ戻る