FERRARI 550 MARANELLO SPA 24H 2004 "SCUDERIA ITALIA"

2009/10/19
2004年のスパ24時間に参戦したスクーデリアイタリアのマラネロGTです。
キットは青山のメイクアップで購入しました。
2009/10/21
仮組しました。
フロントに2mm、リアに4mmのスペーサーを入れて車高を調整しました。 まだちょっと高いかな? このあとボディ全体に600番のペーパーをかけてサフを吹きます。
2009/10/22
リアウイング左側の翼端版がありません。 つーか右側用が2枚ありました。 ジャンクパーツを探すも全て右側用。 仕方がないので0.5mmのプラ版から作ってみました。
2009/10/23
タミヤの缶サフ→ファンデーションピンクとエアブラシで吹きました。
2009/10/24
フィニッシャーズのピュアレッドを吹き、軽くクリアーをかけました。
2009/10/25
デカールを貼りました。 結構簡単に貼れましたが、ボンネットの白いライン、ダクトの部分がひどい事になってしまいました。 マークソフターの塗りすぎです。 上手いこと白でタッチアップできるかな?
2009/11/03
濃い目のクリアーで砂吹き4回、本吹き3回と吹き重ねて、1200番のペーパーと1500番のスポンジペーパーで中研ぎしました。
2009/11/07
エアブラシで白をタッチアップしましたが、強いエア圧で吹いてしまってちょっとテープの後が目立っちゃうかも?
2009/11/07
マスキングの隙間からちょっと白が漏れていたので、筆塗りでタッチアップしました。 最初から白を筆塗りでタッチアップすればよかった。 で、薄めのクリアーでコートしました。
2009/12/03
タミヤのコンパウンドを、粗め→細目→仕上げ目とかけて磨ぎ出ししました。
2009/12/09
エナメルブラックで墨入れしました。
2009/12/09
内装を組み立てました。
2009/12/10
ベースに固定しました。 ベースはBBR製を使っていて、値上げ直前にラクーンさんに1ロット(42個)輸入してもらったものです。 それでもストック全部作ったら全然足りないんだけど。 ベースに穴をあけて3mmのビスを通し、ラジコン用の燃料パイプを車高の長さにカットしてかぶせています。 ホイールの接着にはエポキシボンドを使い、向きや角度を調整して硬化を待ちます。 なのであんまり速乾のやつは使いません。
2009/12/12
ウインドウをつけます。 サイドウインドウは固定も楽なのでロックタイトの低白化瞬着を使っています。 前後ウインドウは位置決めも難しいし接着代も少ないのでクリアーボンドを使います。 クリアーボンドは外側に多めにはみ出すようにつけて貼り、素早く位置を決めてマスキングテープで固定します。 で、画像のようにはみ出した部分は、すぐにピンセットでからめとります。 クリアーボンドは完全乾燥前ならはみ出した部分は簡単にきれいに取ることができます。
2009/12/12
細かいパーツとウイングをつけて完成です。

戻る  トップへ戻る