Telefonica Movistar HONDA RC211V’03

TAMIYA改(1/12)





2003年12月11日完成。
MotoGPに参戦したテレフォニカモビスターホンダチームの2003年型マシンです。
ライダーは15番がセテ・ジベルノー、23番が清成龍一。
セテ車は大治郎の死を乗り越えて優勝を果たした南アフリカGP仕様とするため、
’02のアッパー&アンダーカウルとタンクにMIEさんのダクトを使い、
ミュージアムコレクションのデカールで再現してみました。
本当はもっと細かく違いがあるのですが、雰囲気重視の手抜き再現です。
しかしこのデカールは難しかった。
タミヤのレーシングブルーで塗装。
2004年2月8日追加。
キャメルのキットを使い、ショートタンクロングシートのゼッケン74、
故・加藤大治郎選手のマシンを作成しました。
謹んでご冥福をお祈りします。

戻る  トップへ戻る