SUZUKI GSX1300R HAYABUSA

TAMIYA(1/12)




2002年モデル




2001年モデル




2000年モデル



1999年モデル(黒/灰は2000年モデルと同じ)

2002年8月6日完成。
1998年にドイツで開かれたインターモト98で発表されたスズキのフラッグシップモデルが、
このGSX1300R、通称「隼」です。 搭載される1299cc水冷並列4気筒エンジンは175馬力を発揮し、
見た目とは正反対の軽快なハンドリングからサーキットでも驚くほどの速さを見せます。
今回は1999年モデル仕様の赤/黒をタミヤのイタリアンレッドとブラック、
同じく1999年モデル仕様の黒/灰をタミヤのブラックとライトガンメタル、
それに2002年モデル仕様の銀/灰をタミヤのアルミシルバーとライトガンメタルで製作しました。
赤/黒の塗装でミスしてしまい、それが尾を引いて赤/黒はイマイチな艶になってしまいました。

2003年7月26日追加完成。
2000年モデルの赤/灰をタミヤのマイカレッドとガンメタルで製作しました。
ガンメタルの上にマイカレッドを塗装したらすごい色になってしまいました。

2009年1月3日追加完成。
1999年モデルの茶/銀を、フィニッシャーズのナイトゴールドとシールズシルバーで製作しました。
このゴールドはラッカー版チタンゴールドとして重宝しそうです。
シルバーは写真では伝わらないと思いますが、
サイレンサーに使ったファインシルバーより落ち着いた上品なシルバーです。

2009年1月27日追加完成。
2002年モデルの青/銀と黒/青を製作しました。
青/銀はタミヤのレーシングブルーとアルミシルバー、
黒/青はタミヤのブラックとマイカブルーを使いました。

2009年3月14日追加完成。
2000年モデルの青/銀と2001年モデルの黒/灰を製作しました。
青/銀はタミヤのレーシングブルーとアルミシルバー、
黒/灰はタミヤのブラックとライトガンメタルを使いました。

2009年3月27日追加完成
2001年モデルの青/銀と赤/灰を追加しました。
青/銀はタミヤのレーシングブルーとアルミシルバー、
赤/灰はタミヤのマイカレッドとガンメタルを使いました。

戻る  トップへ戻る