Fortuna HONDA PONS NSR500’96

TAMIYA改(1/12)




2002年11月10日完成。
世界GP500ccクラスに参戦したフォルトナホンダポンスチームの1996年型マシンです。
’99NSRのキットをベースにミュージアムコレクション製のデカールを使用して製作しました。
ゼッケン24番がカルロス・チェカ、17番はアルベルト・プーチがライディング。
タミヤのピュアホワイトとイタリアンレッドで塗装し、
フレームとサスアームにはミュージアムコレクション製のメタルパーツを使っています。
このメタルパーツは結構苦労しましたが、やはり輝き、質感が別物です。
それにズッシリくる重さが良いですね。
それと今回ハクリデカールをはじめた使ったのですが、結構良いですね。
曲面にもよくフィットするし貼りやすい。
サイドカウルのフォルトナのロゴのようにデカールをカットするような場合、
貼ってからカットする時はよほどデカールが密着していないと
カットしたところ周辺がボロボロになってしまいます。
今回このフォルトナのロゴはボロボロになってしまいタッチアップしまくりです。
先にカットしてから貼るべきでした。

戻る  トップへ戻る