Telefonica Movistar SUZUKI RGV−γ’00

TAMIYA(1/12)





2001年6月3日完成。
世界GP500ccクラスに参戦したテレフォニカモビスタースズキチームの2000年型マシンです。
ゼッケン2番がケニー・ロバーツ、9番が青木宣篤で、この年ケニーがチャンピオンとなりました。
2001年6月28日追加。
日本GPにスポット参戦した梁明の19番をSTUDIO27製のデカールを使い製作しました。
タミヤのテレフォニカブルーで塗装。

戻る  トップへ戻る