KAWASAKI NINJA ZX−12R

TAMIYA(1/12)







2002年7月7日完成。
1999年のパリサロンで発表されたカワサキのフラッグシップモデルがこのZX−12Rです。
川崎重工航空宇宙事業部の協力により風洞実験から生まれたそのカウリングは細部まで空力を追求されており、
そのフロントカウルから突き出した特徴的なラムエアダクトは高速走行時の風圧で過給効果を生み出します。
また、市販車初採用となったアルミモノコックフレームは軽量高剛性に加え、
フレーム内部を吸入エアの通り道としても利用しています。
このフレームに搭載される1199cc水冷4気筒エンジンは
レーサーバイクにも匹敵する178馬力ものパワーを発揮します。
今回はその2000年仕様をキャンディーライムグリーンとアルミシルバーで塗装しました。
2002年8月16日追加完成。
2001年仕様をマイカブルーとメタリックレッドで製作しました。
メタリックレッドを使ったのはスーパーブラックバード以来ですが、いい色ですねこれ。
すごく気に入ったのですが、この色を使ったバイクがあまり無いのは残念です。

戻る  トップへ戻る