当ホームページはリンクフリーです。
が、出来れば相互リンクさせていただきたいので、メールを頂けると助かります。



バナーを作ってみました。 もっとマシなのを作れればよかったのですが、、、
このバナーを無理に使われなくても、各管理人さんの自由な形で構いません。

SCALE MODEL'S PAGE
すべての始まりである、KURIHARAさんのホームページです。 何といっても旧車のスポークを金属線で張り替えているという事に驚きました。 私のコレクションにホイールがスポークのバイクがなぜないかというと、スポーク張替えの出来があまりにすばらしく、しかしマネをするのは大変だと思ったからです。 残念ながら既に閉鎖。
アツシバシブランド
バイクの改造パーツを個人で製作しているあつGさんのホームページです。 私の作品の中にも何点かここの製品を使用したものがあります。 パーツはワンダーフェスティバルで販売していますが、なぜかそこに私もいたりします。 基本的にレーサーバイクを中心とするサイトです。
Mie’s Laboratory
自身が乗られているVTR1000Fをフルスクラッチで製作したMIEさんのホームページです。 パーツの実物を見せていただきましたが、その点数と精度、再現度はタミヤ製品並み。 このレベルが個人で作れるとは驚きです。 VTRはキット化され販売されましたが、これだけにとどまらず今後も何かやるのかな? 期待大です。
The uesan’s Page
こちらも実車VTR1000Fをお持ちのうえさんのホームページです。 多くのレーサーバイクの完成品と、大変参考になる製作日誌が載っています。 日記もどきのコーナー「戯言」ではいつも笑わせていただいています。
Uta DESGIN BIKE MODEL
アツシバシブランドで改造キットなどを製造しているUTAさんのホームページです。 オリジナルな改造を施されたバイク模型画像が多数あり楽しめます。 素組み専門の私としては、よく改造しようと思うなぁ〜と感心しきりです。
Kim’s House Garage
私と同じく、KURIHARAさんのページに画像を載せていたかるべさんのホームページです。 模型を模型として組み上げている私の作風は飾ってあるバイクというイメージですが、かるべさんはその正反対の、動いているバイクというイメージのすごいディテールUPがされていて、実車への愛情とこだわりが伝わってきます。
(む)印粗品のWebPage
雑誌の作例をやってらっしゃる(む)印粗品さんのホームページです。 実車、BMW R100GSにお乗りだそうで、それに関するページもあります。 ジャンルはいろいろやっておられるようですが、何しろカーモデルの艶がすごいです。 モデラーズクラブ合同作品展などにも出品したりしているそうで、一度行ってみたいです。
K’S WORKSHOP
レーサーバイクやF1を作ってらっしゃるれひに〜さんのホームページです。 ただでさえ作るのが難しい市販のガレージキットを自分の好きな年式のマシンに改造されています。 アツシバシブランドから自作レジンキットを数多く発表、販売されています。
MAX MOTOModeling
スタジオ27製’02NSRトランスキットの原型を製作したMAXさんのホームページです。 製作スキルはとてもレベルが高く、その方法もホームページに掲載されています。 でもとても難しそうで私にはマネ出来ません。 
1から始める、プラモデル・模型の作り方!
プラモデル作りのポイント、組み立て〜完成までの流れ、道具、塗装技術紹介や完成品展示、模型リンク集など等、スケールモデル全般を広く、深く紹介した田代さんのサイトです。 テクニックの解説などは図で説明されている部分もあり、非常に分かりやすいです。 またバイクも結構作られていて、これがまた非常に綺麗です。
Peter Go’s Gallery Peter Go’s Gallery
アメリカ在住のピーターさんのホームページです。 バイクは少ないですが、ポケールをはじめとする大きなスケールのものが多数あります。 やはり基本的に日本より大きな部屋であるアメリカなどでは飾る場所が広く取れるので、自然と大きなスケール中心になっていくのでしょうか?
Woodbell Moto Modeling
テレビCMの音楽製作を手がけているAOBAさんのホームページです。 プロターから最新のタミヤまで製作の幅が広く、ギャラリーには製作が難しいキットばかりの完成品が多く、スキルの高さが伺えます。
Happy Modeling
MAXさんのHPに出会ってバイクモデル製作を始めたと言うkobaさんのホームページです。 製作ペースは私と大差ないかも? レジンキットもさらっと作ってしまうあたり、スキルもなかなか、強敵登場か?
稲城モーター商会
前から名前は知っていたマイケルドーハンさんのホームページです。 ドーハンさんもレジンキットをさらっと組んでしまうようで、高いスキルをお持ちのようです。 歴代のチャンプマシンをコレクションするのがライフワークだそうです。
BEGINNER MODELING
3月に新橋で行われるスケールモータースポーツフェアに出展しているメンバーで結成した、同名のクラブの副会長を務めるカズキさんのブログです。 F1模型を中心にしながら箱車やガンプラ、飛行機も作られており、かなりの制作スピードでもあります。 このクラブには私も所属しており、静岡の合同展示展にも卓を出していたりします。
Formula1 Model
クラブ、スケールモータースポーツのメンバーでもあるtomさんのホームページです。 その名の通りF1を製作されておりますが、主に近代F1のレジンキットが中心で、中にはフルスクラッチやキット化したものもあります。
気ままに車バイク模型
こちらもクラブ、スケールモータースポーツのメンバーでもあるmayupapaさんのブログです。 F1、バイク、箱車、Cカーなど幅広いジャンルを製作されており、CカーやGTカーは私の好きな車種と重なるものが多い模様です。
プラモデル、ツールのホビーショップ ポッピー
幅広いプラモデルと製作ツールを紹介、販売しているポッピーさんのホームページです。 特に数多くのツールを初心者にも分かりやすく画像つきで説明してあり、キットの作成例やギャラリーもあります。
amc−models
東京都板橋区向原にあるカーモデル専門ショップ、AMCモデルズさんのホームページです。 F1中心ですがGTカーも扱っており、店内はちょっと狭いですがパーツや塗料も豊富。 また、ウルフモデルやACEモデルなどのブラジル産キットを豊富に扱っており、取り寄せも可能。 会員になればいち早く新製品情報が届き予約特典もついたりします。 私も会員になってます。
modulo
京都にある模型店、モデューロさんのホームページです。 CGMモデルというブランド名でオリジナルのレジンキットを販売しており、いつもイベントではいろいろとお世話になってます。 オリジナルのレジンキットは生産数が少ないので要チェックです。 京都のお店にもお邪魔したことがありますが、正直私の知る限りでは最小のお店です。
toystudie
岩手の有名?なネットショップ、トイスタディさんのホームページです。 改名前のキクチホビー時代からお世話になってました。 スタジオ27のキットを良く購入させてもらってます。 たまーにセールをやっており、これが結構激安です。 普段も安いんですけどね。 ここのセールの時はその安さについ余計なキットも買ってしまったりします。
baracca
横浜は中華街にあるカーモデル専門ショップ、バラッカさんのホームページです。 ここは入り口が非常に分かりにくいのですが、店内は非常に綺麗で広く雰囲気の良いお店です。 また、オーナーの南口氏の製作した、珍しいヒロのキットの完成品を見ることもできます。 ここはスタジオ27のオフィシャル販売店ということで大量のキットがストックされています。 私の自宅以外でこれほどスタジオ27のキットがあるところは見たことがありません。 また、ここもたまにセールをやっているので要チェックです。
カーモデルショップ フィオラノ
お世話になっていたネットショップ、フィオラノさんのホームページです。 BBRの1/43キットの購入はこちらにお願いしていました。 魅力は何といっても低価格です。 1/43キットは品質にばらつきがありますが、こちらはその辺の対応も十分ですので安心です。 その後いろいろと変遷し、現在はタメオ専門の通販SHOPになっているようです。
STUDIO27
レジンキットからトランスキット、デカールなどを製造販売しているSTUDIO27のホームページです。 ここが頑張ってバイク関連の商品をリリースしてくれるおかげでストックがどんどん増えていく、、、 その分コレクションの幅が広がるのでうれしい悲鳴ですな。 実はここのF1キットも持っていたりするのですが、いつ作る事やら、、、
TAMIYA 言わずと知れた、タミヤ模型のホームページです。
一時は1年間でバイク模型の新製品がない年もあったほどの状況でしたが、’98NSRの発売からどんどん新製品が増えて、出戻ったモデラーも多いのでは? でも27さんもそうだけど、製作ペース以上に新製品を発売されるとなかなか苦しいものが、、、 実はここの1/12F1キットも持っていたりするのですが、いつ作る事やら、、、

ここに掲載されているロゴはすべて各HPの管理人に許可を頂き掲載しています。
ですので、無断での使用を禁止します。
(TAMIYAさんのロゴは商標なので許可をいただけませんでした。)