ランキング
別格 すいません。思い出補正がかかりまくってしまうので、別格にしました。
1位 実話に勝るストーリーはないね。最後の実際の映像で本編の説得力爆上がりになって、つい満点を付けてしまった。
2位 年初から評価の高い作品に出合いましたが、さて、いつまでランキングにとどまり続けられるのか。
3位 最後死ななかったら評価5もあったかも。実話かと思うくらいありそうで怖いサスペンススリラー。

各映画の感想
2022年 7月16日
キングダム2 遥かなる大地へ 評価4

羌カイの再現度は素晴らしかった。他のキャストも良かったが、呂不韋がイマイチ大物感なかったな。
ストーリーは概ね原作通りだけど、さすがに結構端折ってるね。蛇甘平原の戦いメインだが、呂不韋が戻り、羌カイと別れ、王騎へ弟子入りに行くとこまでやる。今回呂不韋、昌平君、蒙武の出番はほんのちょっとだけど、呂不韋が迫力なくイメージと違ったな。まぁ佐藤浩市だから大丈夫だろうけど。そしてエンドロール後にキングダム3の予告が。李牧の後ろ姿っぽいのも見えたがどこまでやるんだろ、王騎の死あたりまでやるのかな。とするとホウケンはだれがやるんだろ。個人的には本宮泰風さんなんか良いと思うけどな。そして李牧は、ないと思うけど小栗旬かキムタクなんか良いと思うんだけどな。まぁ次もキャストがどうなるか楽しみだ。
2022年 7月 9日
ソー ラブ&サンダー 評価3.5

星にぶつかった時のヤギの鳴き声が志村けんに聞こえて、そればっかり気になってしまった。
最後まで見ればメインストーリーは悪くない気がするが、過程がハチャメチャでふざけすぎです。つか神様ってあんなのばっかりなの?まぁ、ラッセル・クロウは最高でしたが。そしてあの神の力を持つ娘やヴァルハラの存在は今後のMCUにどう絡んでくるのか、さらにラッセル・クロウの今後の動きも気になる、何せゼウスだからね。ということで、今回もMCUにうまく誘導されて終わる感じで、評価が0.5上がってる。
2022年 7月 3日
マーベラス 評価4

主役じゃないのにエンドロールの最初に出てくるマイケル・キートン、なるほど凄い存在感でした。
確かに彼がいないとこの映画は成り立たないし、準主役というかダブル主演でもいいくらいの存在感でした。ツッコミどころはそりゃあるけど、アクションシーンがちょうどいい。派手な演出はないんだけど、変な間も、演出もなく、ここってところでズバッとやってくれるので、本当にちょうどいい。このちょうどよさはボーンシリーズに通じるかも。主役のマギーQも良いし、バイクのおっちゃん(ターミネーターの人ですね)もいい味出してた。最後は両者とも死んでなければいいが、明確にはされてませんでしたね。
2022年 6月25日
大河への道 評価3.5

見る気なかったんだけど、見てみたら中井貴一スゲェってなりました。
現代と江戸のシーンに何度も入れ替わり、同じキャストが両方をコミカルに演じているが、シリアスな話ではなくかなりコメディタッチで、あちこちにクスッとさせられるところがあって単純に面白いのです。その分?役者の演技もちょっと緩い感じなのですが、最後の上様役の草刈正雄と中井貴一との会話のシーンが緩さをギュッと締める素晴らしいシーンになっていて、その演じ分けがスゲェと思いました。最後の落ちもそうなるのねと、だからこうなったのかと納得しました。でも大河は難しいだろうな。
2022年 6月18日
炎の少女チャーリー 評価4

父親に約束を破れと言われる前に、すでに破っとるやん。
他の人の評価低いのは分かるけど、私はかなり好きですこれ。評価低いのは全体的に説明が足りないからだろうけど、例えば父親を助けに乗り込む前に力を制御する訓練をしているシーンがありますが、どのくらいの期間やっていたのか、どれだけの能力が身についたのか説明がない。相手がどんな組織か説明がない(少女の力を悪用しようとしているのか、保護しようとしているのか分からない)。少女に会ってレインバードが何を見たのか説明がない。(最後の行動が分からない)でも、途中で立ち寄ったオッサンの家で人の心を読む、もしくは記憶を見る能力があることが示唆されているから、組織のリーダーの考えも読めたのだと思う(念動も出来たから父親を巻き込まなくても56せたと思うけど)し、命を差し出したレインバードの改心というか心も読めたから56さず身を預けたのだと思う。正直ないと思うけど、韓国映画の「The Witch 魔女」とならんで続編が見たい映画です。薬を作った博士は無傷だったから、大人になって博士に会うところとか見たいね。
2022年 6月 4日
機動戦士ガンダム ククルス・ドアんの島 評価4

最後のガンダムの登場シーン、もっといいBGMないのかね。
ジオン側にしてみれば、ダースベイダー(言い過ぎ?)に出会ったようなものなのに、BGMが迫力を台無しにしているよ。しかし、ファーストのアニメ版は子供のころに再放送を2回くらいしか見ていなくて、あとは劇場版ばっかり見てたからあんまり覚えてなかったし、子供だったからドアンの話はあまり分からず印象は薄かったのだが、今回は当時の周りの軍の動きも絡められていてなかなか面白かった。ただ、ファーストの設定がいろいろ変わっていたのが残念だったかな。
2022年 5月28日
トップガン マーヴェリック 評価5

バル・キルマーが出ただけで、もう満点ですよ。
前作をオンタイムで見た世代にとっては、アイスマンとマーヴェリックの会話に感動しないわけがない。ツッコミどころはあったとしても、素晴らしいアクションとトム・クルーズの奇跡さで吹き飛んでしまいますよ。彼59歳ですよ? ビーチのシーンなんか若手に交じっても全くそん色なく歳を感じさせない。あれ、なんかおかしいとさえ思ってしまう。トム・クルーズは奇跡というか異常です。いるんだねあんな人。
2022年 5月21日
ドクターストレンジ マルチバースオブマッドネス 評価3.5

ワンダが追いかけてくるところは、ターミネーターにしか見えなかった。
マルチバースはもはや何でもありで、おかげでファンタスティック4やXメンが出てきたところは面白かったが、あっさりワンダにやられてカメオ出演どまり。全体の話はまぁ分らんでもないが、情報量が多すぎて、映像やアクションは面白いけどもうついて行けない。なので評価はそんなに高くない。ただ、そんな客も今後のMCUにひきつけるシャーリーズ・セロンの登場のさせ方が上手いよね。そしてMCUの罠にはまるということか。
2022年 4月 9日
ヒットマンズ ワイフズ ボディガード 評価4

なんだこれ、でも終わってみると面白い。
メインストーリーはハチャメチャで、最初は何だこれハズしたか、と思いましたが、モーガン・フリーマンが出てくるあたりから、メインストーリーとは別にそれぞれが抱えるシリアスな問題や因縁が見えてきて、メインストーリーと絡めながらそれぞれが正面切って問題を乗り越え、最後には家族になる。それを豪華なメンツが嬉々として演じてるんだからグイグイ面白くなっていきましたよ。中でもサルマ・ハエックはぶっ飛んでて面白かったな。刑事役にフランク・グリロも出てたな。
2022年 4月 2日
モービウス 評価3.5

リアルのブラハのスキャン、いやウルトかな、あれはこんな感じなのかな、って思った。
話は簡単だけど悪くない、と思ったのですが、見た目がちょっとね。いや、ジャレット・レトは凄くいいんだけどな。それとアクションシーンがエフェクトが強すぎてちょっと分かりにくい、というか凄さが伝わらない。まぁ今回は同じもの通しだからエフェクトが2倍になってるのかなと受け取ったが。しかしねぇ、相変わらず本編よりも今後にかかわるシーンが凄く期待させるように作ってあるよね。マイケル・キートンの登場もそうだけど、死ななかった女博士もどうなっていくのか。期待が高まった。
2022年 3月26日
ヴォイジャー 評価3.5

指揮官は不自由王ブランで良いんじゃねーの、てゲームオブスローンズのあの子が出てたので思ってしまった。
これ評価難しいなぁ。最後まで見れば、この映画は「最後は必ず善良な心が勝つ、それが人類の希望」と言いたかったんだろうし、それは響くんだけど、それまで延々と人の悪いところを見せ続けられる。映画館じゃなかったら多分途中で見るのやめてると思うくらいに感じた。ただそれがあるからこそ最後のリチャードのセリフが響くので、ホントに評価難しい。ツッコミどころとしては、なぜ子供だけで送り出そうとしていたのか、付けた大人が一人だけだったのかが気になったな。これはSFをベースにしているがSFの映画ではないね。
2022年 2月26日
ドリームプラン 評価5

あの父親に付き合うコーチ―は大変だっただろうな。
エンディングで実際の映像が結構出てくるんだけど、本編映像の再現度の凄さに驚いた。試合のシーンとかも違和感なくよく撮れてると思う。しかし最後に彼女たちのその後の実績が出てくるけど、本当に言うとおりになってるのが凄いな。もちろん才能はあったんだろうけど、つぶれてしまう選択肢も十分あったのに父親の信念についていった家族がまた凄い。妹の活躍も含めもう少し見たかった気もするが、いい終わり方だったんじゃないかな。その後の活躍は良く知られているし。特に不満なく満点です。
2022年 2月12日
BLACKBOX 音声分析捜査 評価4.5

最後の事故は何で起きたの?最後死なない世界線が見たかった。
結局ポロックさんはどうなったのか。裁かれるべき人は裁かれたのか最後まで見せてほしかったけど、実話じゃないからああいう終わり方なんだろうな。しかし信用できる周りの人がどんどん離れていくところとかホントコワい。だからこそ真実がきちんと暴かれたところと、一番信じてほしかった奥さんがそれをやってくれたことは救いになっててとても良かった。
2022年 2月 5日
大怪獣の後始末 評価2.5

これ、よく映画化できたな、っていうくらいバカバカしい。
でもそれを結構な役者がちゃんと演じてる。なので頭空っぽにしてみればあちこちで笑えるので楽しめますよ。ちょいちょい出てくる隣国のスポークスマンの扱いとかあれで良いのか?って思うところもあるし。ただ、結局何だったのかがよく分からない終わりかただったのだが、あれは何?シン・ウルトラマンってこと?ちょっとそこが分からなかった。
2022年 1月29日
スパイダーマン ノーウェイホーム 評価3

ヴェノムと同じで自爆しただけで何も進展しない。3人そろったところだけが良かったかな。
マルチヴァースって言い出してからのMCUは何でもありになって面白くなくなった気がしますが、マルチヴァースなしには3人そろわないのでそれは良いところでもあったかな。しかしスパイダーマンもドクターストレンジもバカばっかりだね。最初からきちんと魔術ができていれば何の問題もなかったのに。でも本編よりドクターストレンジの次回作への映像と最後のヴェノムがちらりと出た映像の方が気になったのは、この映画としてはどうなんだろうね。しかし今作のヴィランをやったウイリアム・デフォーはもうすぐ70なのに頑張ってたなぁ。
2022年 1月22日
ハウス・オブ・グッチ 評価4.5

最後の食事の時のあの微笑は本当であったと思いたい。
アル・パチーノがのっけから日本語を話し出すのに驚いてしまった。結局運送屋にいた頃が一番幸せだったんじゃないかな。夫にチャンスと能力があるので焚きつけて育てていくのは間違ってないと思うが、同族経営のトップになるとみんな会社の金と自分の金の区別がつかなくなるのかね?結局彼もアル・パチーノと同じになってしまった。だからと言って暗殺するのはどうかと思うが。映画の方は2時間40分とかなり長いが、展開が早く長いと感じなかった。暗殺された後どうなったかまで描かれていたのは良かったな。しかし暗殺された時期にはすでに先代もその長男も亡くなっていたのは運命のイタズラなのかね。そして懲役26年となった彼女はすでに出てきているそうです。父親役を演じたジェレミー・アイアンズは結構好きな役者なんだけど、歳はとったが今回も良い演技してたな。
2022年 1月15日
マークスマン 評価3.5

リーアム・ニーソン、ホントに頑張ってますよね。
大作ではないけど、細かく細かくコンスタントに主演を続けてますよね。さすがにアクションはだんだん減って来ていて、今作はあんまり動きませんし狙撃もバンバンあるわけではないですが、哀愁のあるリーアムが見れます。あと子役が良かったね。最後は送り届けてそのまま去っていきますが、追っ手は始末したもののマフィア自体は残ってるし、金は燃やしちゃったから、さらなる追っ手は来ないんですかね?そこがちょっと気になった。あと、イーストウッドも同時期に同じような作品やってるが、あっちほどヨボヨボになってないからまだ見れます。